AMD Ryzen Threadripper 搭載 ワークステーション

弊社ではラックマウントサーバや高性能ワークステーションなどを販売しています。その中でも、昨年販売を開始したAMD Ryzen Threadripper搭載のワークステーションがとてもおすすめなので、特徴をご紹介いたします。

AMD Ryzen Theadripperプロセッサ

Ryzen ThreadripperプロセッサはAMD社の発売するデスクトップ向けCPUの最上位シリーズです。 デスクトップPCのなかでもハイレベルな処理性能を必要とする3Dゲーム用PCなどに搭載されるCPUですが、本格ワークステーション向けとしても十分な性能と特徴を備えています。

 以前よりデスクトップ向けのCPUで性能の高い製品をワークステーション用のCPUとして利用することはありました。デスクトップ向け製品の方がMB等の周辺パーツを含めてサーバ向け製品より安いコストで導入が可能であること、デスクトップ向けのCPUはどちらかといえば動作クロック数重視でシングルスレッド性能が高い製品が多いためワークステーションでの作業用途によっては性能的にも十分であることなどの理由があげられます。

 しかし、マルチスレッド性能やメモリエラーに対する信頼性、搭載できるメモリ容量の上限など、それらの要素を必要とする場合にはデスクトップ向けCPUでは十分ではありませんでした。

 AMD Ryzen Threadripperプロセッサはデスクトップ向けの製品としての位置付けながらワークステーションに必要な機能もカバーするCPUとなっています。 

 優れたマルチスレッド/シングルスレッド性能

 Ryzen ThreadripperはシングルCPUで最大64コア/128スレッドまでのCPU性能をサポートしています。このレベルのコア/スレッド数を実現するためには今まではサーバ向けCPUによる2CPU以上の大掛かりな構成を必要としていたのですが、Ryzen Treadripperではシンプルにシングル構成で実現可能です。

コア数が多いためにRyzen Threadripperの定格の動作クロックはやや低めです。ただ、いわゆるブースト機能により、少ないコアの稼働であれば動作クロック数をあげることが可能でシングルスレッドでも十分な性能を確保できます。

 ECCメモリ対応

 Ryzen Threadripperは最大256GBのメモリを搭載可能です。また、従来のデスクトップ向けCPUとは異なりECCメモリに対応してます。数値計算など、処理実行時のメモリ信頼性を必要とする用途にも対応します。 

豊富な周辺機器 

デスクトップ向け製品であるために、対応する筐体やCPUクーラ、電源ユニットなどの各種パーツは各社より豊富に販売されており、サーバ専用製品と比較して豊富な種類のなかから必要に応じて選択可能です。メッシュケース、水冷CPUクーラー等を採用した高性能ながらも静音性も確保したオフィス設置向けの製品も比較的低コストで導入可能です。 


AMD Ryzen™ Threadripper™ プロセッサー搭載 ワークステーション

 そんなRyzen Threadripperを採用した本格的ワークステーションはこちら

AMD Ryzen™ Threadripper™ ECCメモリ IPMI搭載 ワークステーション


 

  • 最大64コア/128スレッドのマルチスレッド性能。
  • 最大256GBのECCメモリを搭載可能。 
  • BMCコントローラ搭載 
  • フロントメッシュケース
  • 水冷CPUクーラー採用 
  • 1200W電源

デスクトップPCのワークステーションながらECCメモリを搭載、大容量で信頼性のあるメモリ環境を提供します。またサーバ製品と同等のBMCコントローラも搭載しておりIPMIによる遠隔地からの電源投入、強制再起動、コンソール操作などが可能なっており、昨今のリモートワークでのハードウェアトラブルにも対応します。

また、BMCチップに最低限のグラフィック機能を搭載しているため数値計算用途などのCPUの処理性能だけが必要で高度なグラフィック機能を必要としない(ターミナルで十分)ケースではグラフィックボードなしでの運用が可能です。

スタイリッシュで通気性に優れたフロントメッシュケースを採用。配線はMBパネル裏面に収納され、エアフローを妨げません。フロントパネルの3個の14cm FAN、大型の水冷CPUクーラーにより静音性を確保しながらCPUを効果的に冷却します。 

リモートワークにも対応した高性能ワークステーション。ぜひご検討ください。


コメント

このブログの人気の投稿

SuperMicro Update Managerを試してみる

GUIDパーティションとMBRブート

最近話題のLinuxコンテナを試してみました。